Goodmorning! amijokでの朝食

松本は、「朝の似合う街」である。朝日を浴びた松本城の向こう側には、同じく朝日を浴びた北アルプスが雄大な姿を見せてくれる。空気も澄んで美しい。街ゆく人と、気軽に挨拶を交わせる親しさもある。

そんな形で、散歩を終え、朝食を食べようと思ったら、「中町通り」のすぐ側にある「amijok」に向かうべきだろう。このcafeで朝食を楽しめるのは、週末(土曜日・日曜日)に限られるが、あえて週末をめがけて行く価値がある。

「amijok」の朝食は、松本の街に朝の文化を提案しようと2年間限定で行われたイベント「Matsumoto BBC」の流れをくんでいる。「BBC」とは、Books, Coffee, Breakfastの略で、月に1度、季節感たっぷりの朝食と共に、美味しいコーヒー、そして本のある朝時間が生み出されていた。

席数限定のこのイベントは、新規募集チケットが売り出されると数日で完売し、2ヶ月先まで予約で埋まってしまうほどの人気を博した。中には、このイベントのために、東京や名古屋から、やってくる人までいた。

残念ながら、この時の朝食を再現するまでには至っていないが、DNAはしっかりと引き継がれている。

基本は、トースト+トッピング+ドリンク。
サイドとして、サラダや小鉢、スープをオーダーすることが出来る。

amijokの魅力は、その食事の美味しさだけでなく、このお店が醸し出している雰囲気と、そこに集まる人々との交流である。

松本の休日の朝を、amijokからはじめる、という地元人も多い。

PAGE TOP